忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2019/06/20 09:10 |
お友達になりたいの
53e87327.jpeg
「おはよー。
 ねぇねぇ、いつからそこにいるの?」
「ぐう……」

朝が来て、空が食堂に一番乗りです。


1a0695dd.jpeg
「ベッドかソファーで寝た方がよくない?
 ……って、聞こえてないよね」


46d84ac7.jpeg
「おはよう。私も朝ごはんにしよっと」
「ごちそうさま~」
「え? もう食べ終わっちゃった?」
「そこにスコット君いるし、寂しくないでしょ?」

双子が揃って朝食する姿を見たかったんですけど、残念。


9511c22f.jpeg
「グッモーニン! スコット、まだ寝てるノー?」
「みたいね」

ディナは朝食抜きで大学。
政治学の授業は朝一番なので、規則正しい生活が必須です。


440e0f71.jpeg
貴彦もパジャマ姿で大学へ。
その時、再びあの電話が……。
昨日かかってこなかったから、もう電話してこないだろうと思ってたんですが。


70859992.jpeg
「私は空です。星子に代わりますね~」

今回も電話を受けたのは空。
あのおじさんと双子、なにか因縁でもあるのでしょうか。


75372925.jpeg
「あの……、お話ってなんでしょうか」

朝八時から若い女の子へ電話だなんて。
あのおじさん、どうやら出勤時間前に電話してきた様子。


a333b3c8.jpeg
「ちょっとー! また遅刻なの~~!!?」

玲子ダッシュ。
夜更かしのせいで、体力が回復しきらないまま、授業です。
今期は遅刻ばかりです。前回の授業は、残り数分しか出なかったしね。


12a6b615.jpeg
「え? 地球ですか? 青くて綺麗だと思います。
 宇宙から見たことは、一度もありません。一応、地球上生まれなんで……」

星子、地球や大自然の話題を、おじさんと交わしました。
短期友好度が10上がったところで、会話終了。
明日もかかってきたりして。
おじさんもそれなりに考えてはいるのか、さすがに毎日かけてくる気はないようですが。


a1b7659a.jpeg
「うんしょ、うんしょ。
 もしかして星子、おじさんと恋に落ちたりするのかなー」

あの二人、会ったことないと思うんですが……。
もしかして、チャットで知り合ったりしたんでしょうか。
ちなみに活発な空は、運動器具がことのほかお好きなようです。


25804436.jpeg
「……はっ!?」

電話の後、星子がピアノの練習を始めたので、スコットもようやく起床。


3e65cf02.jpeg
「よく寝たような、寝てないような……」

おにぎりに埋まって寝てた割には、かなり体力回復してますよ。
意外と心地よさも減らないもんなんですね。


f312f6e9.jpeg
授業が終わった貴彦。
ルンルンな足取りで帰ってきました。
あれ、ティナは?


bbc0e2ab.jpeg
「そぉーい!」
「オーライオーライ!」

ティナは玲子に取られちゃったみたいですね。


dc6a8c38.jpeg
「授業中、ずっとベッドメイキングの事が気になってたんだよな」

超綺麗好きな貴彦、乱れた布団を放っておけなかったようです。
そんなに几帳面なら、パジャマのまま講義に出るのはやめていただきたかったのですが。


d17af11f.jpeg
「このタオルの掛け方、前衛的だね」

すでに正々堂々な覗きが常習化しつつある熊乃寮です。
わざわざ壁掛けタオルを観賞しに来たラマ。


51f70b17.jpeg
「マリーン先輩、朝から課題ですかー?」
「だってほら、試験近いじゃない」

空のヌードはイマイチ気に入らなかったのか、ラマはすぐに食堂へ。
ティナと話したいようです。
ティナ、やっぱりモテるみたい。


79a63a59.jpeg
ティナに相手にしてもらえなかったので、食事を終えた貴彦にターゲット変更するラマ。

「お前ってさ、体と頭の質感違うくねぇ?」
「体はモフモフ、頭はツルツルがラマです。俺をアルパカと一緒にすんじゃねぇ」


de669f55.jpeg
「……そうなんだ?」

本当に貴彦は、面白い顔をしてくれるシムですね。


233cdf86.jpeg
「お?」
「あ!」

突然牛乱入!


00c5e555.jpeg
犬猿のなかであるラマと牛。
当然、大乱闘発生です!

「この俺の縄張りに、のこのこやってきやがってー!!」
「うっさい! この中途半端なかぶりもの野郎!!」

応援はラマ優勢?


c979c814.jpeg
「行け、牛! やっちまえ!!」

玲子と食堂のおじさんは牛派。


7fbcb56e.jpeg
「ラマ、ガンバレー!」

寮の女神様は、ラマを応援です。
それにしても、食堂で喧嘩するなよー。
マカロニチーズに埃が入るじゃない。


c5a02ad0.jpeg
「ふん。たいしたことないな」
「モ~……」

ラマの応援が多かったせいか、ご覧の結果に。


13d0c392.jpeg
「ちくしょー、覚えてろー!!」

牛、敗走。
応援はしてもらえなかったけれど、どうやら彼はティナの事が気になったようです。
寮にはスプリンクラーは設置してないので、奨学金が出来たら設置してあげましょうかね。
牛のために。


前へ / 次へ
PR

2008/08/28 15:03 | Comments(0) | TrackBack(0) | Simple Life 2 ログ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<2日目の終わり | HOME | 賑やかな夜>>
忍者ブログ[PR]