忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/07/22 19:21 |
魔女姉妹誕生!
アパートライフ導入直後です。
仕様確認のため、ダウンロードフォルダなし、CEPなしのデフォルト状態で遊んでみることにしました。
例外的に導入しているのは、Angel-paintさんのズームカメラと、自作チートパッチ(シムパーソンさんで作り方を紹介されています)です。

13379b84.jpg

コーディアル姉妹の家です。
親元を離れた二人は、この町でそれぞれ不思議な友達を作りました。
サマンサは良い魔女と。キンバリーは悪い魔女と。
二人は早速魔女にお願いして、魔法使いになることにしました。
プレゼントされた魔術書で毎日熱心にお勉強。

しかし……。


2bbcd9e4.jpeg
光の魔法にチョット深入りしすぎちゃったサマンサ。
体中に黄色い発疹が。ヒイィッ!!
たぶん、金色の星の光が、彼女の肌に宿ってしまったのです。


39109d37.jpeg
闇の魔法にチョット深入りしすぎちゃったキンバリー。
真緑です。植物シムも目じゃないね!
いずれにせよ、こんな姿で外を歩くわけにも行きません。
二人は仕事をやめ、魔術の道を極めることにしました。
幸い蓄えは少しばかりあります。問題は家事。
そこで、執事を雇うことにしました。

「家の事は頼むわね。私達、勉強で忙しいから」
「承知いたしました」


f797624a.jpeg
「お二人は安心して、その肌を戻すお勉強を頑張ってくださいませ」
「頼もしいわね」

この家担当になった執事ケント氏。
朝7時から夜8時までの通いの勤務です。
ところで、少し気になる事が。


913f92db.jpeg
彼の顔アイコンを見てください。
小さくて分かりづらいですが、それでも頭に髪の毛がフサフサあることだけは、確認できるかと思います。


3ec211e0.jpeg
「新調した手袋も、ピッタリじゃな。さあ、仕事だ」

ケントさん、手袋はいいけど、カツラかぶり忘れて来てませんか?
この執事、姉妹のために焼いたパイを作ってくれるのはいいのですが、オーブンに入れっぱなしで庭仕事に出ちゃったり。
幸いキンバリーが火事になる前にパイを取り出してくれたものの、いまひとつ不安な仕事ぶりです。
ベビーシッターみたく執事にも、当たりハズレがあるのでしょうか。


fb07f80d.jpeg
「あたしは魔法だけが欲しかったのよ。
 こんな肌になりたかったわけじゃないわ!」

朝から晩まで、勉強勉強です。
もはや昼夜関係ない生活。


30733490.jpeg
「光の道を選んだあんたまで、そんな肌になるなんてね!」
「キンバリー、これが不思議の世界に足を踏み入れることなの。
 光の力も闇の力も、代償が必要なのよ」
「相変わらず物分りがよろしいこと!」

正反対の二人ですが、意外と仲はいいです。
よくある話、親や周りの人達だけが、姉妹を光と影のように見ていただけなのでしょう。


ac45fa2a.jpeg
覚えた魔法を、早速通りすがりの若者に試してみることに。
キンバリーの黒魔法で、相手を笑いものにする呪文だったかな?


11f60c09.jpeg
効果はあるにはありました。
部屋にいた皆が、彼を指差して笑っただけ。それだけでした。
しかし、若者自身はそんなのちっとも気にしてない様子。
それどころか、
「あんた、いかした肌してるじゃん!」


366decab.jpeg
「グッジョブ!」
「え?」

爽やかにハイタッチ!
姑息な黒魔法など、この顔に似合わず闊達な青年には一切効かなかったようです。


b9c22f6b.jpeg
働く執事。
家人がお腹を空かせている時だけ、食事を用意してくれるようです。
それ以外はひたすらお掃除。


52aaa6ad.jpeg
カウンターを指先でつーっと。


21d94cb5.jpeg
「うむ。完璧」

自らの仕事を確認。
この動作、ぜひとも姑シムにもやっていただきたいです。


a197c04e.jpeg
その後、サマンサが使用したトイレを、うな垂れながら掃除しに行く執事。
せっかく綺麗にしたばかりだったのに……って感じでしょうか。


0991c892.jpeg
さらに魔術を極めた姉妹。
体の周りにオーラが漂い始めました。

「よし、今覚えた食料生成の魔法をやってみよっと。
 ちょうどお腹がすいてたのよね~」

光や闇の魔術を学んでも、魔術スキルに応じて普通の魔法も覚えていくみたいですね。
性格も微妙に変化するみたいです。
やはり悪の魔女は性格も意地悪。


460af860.jpeg
無の空間から、蓋付きの大皿が生まれました。
さーて、中身は何かな♪


0e178d6d.jpeg
ただのシリアルでした。
「魔法って、いったい……」

魔法を使うとそれなりに体力を消耗します。
シリアルなんて、無から生み出さんでも冷蔵庫にいくらでも入ってるって。


4caf7db7.jpeg
キンバリーが食べ終わった後。

「お腹が空いてるなら、私めに言って下さればよかったのに」
執事がシリアルを大量に作って持って来ました……。
何の嫌がらせですか。

こうして、コーディアル姉妹のファンタジーライフが幕を開けたのです。


次へ
PR

2008/09/29 21:35 | Comments(0) | TrackBack(0) | Simple Life 3 ログ

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]