忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2019/09/17 06:38 |
Maxis製オブジェクトMOD?
9109f362.jpeg
コーディアル家の家事いっさいを任された執事ケント氏。
そろそろ彼の本性が分かってきました。
彼、掃除をはじめようとする度、なぜかプレイヤーに向かってこんな顔をするのです。


3f9d0782.jpeg
「え~。またトイレ誰か使ったの~?
 誰が掃除すると思ってるのよ~」

……ちょっとあんた、何でこの仕事に就いてるのさ!
性格的に、執事に向いてません。この人。
エライ人が来ちゃったな。


af740d69.jpeg
ケント氏の不満をよそに、姉妹はさらに魔道をきわめていきます。

「私、何でも出来るようになった気がする!」
「あんたはいつだってそうだったわよ。
 でも今回だけは、あたしだって!」
「私も、食料生成の魔法をやってみるわ!」
「……その魔法、あんまり期待しない方がいいよ」


367a98b1.jpeg
ハンバーガー……。
たいしたもの出てきませんね。


ab20ffe3.jpeg
せっかくだから、仲良くいただきましょう。

「魔法って、意外と使いどころがないわねぇ」
「この町、平和みたいだしね。でも、平和が一番よ?」
「退屈は嫌よ」


5a7d1c69.jpeg
翌朝。
「焼いたパイ」や「シリアル」の手抜き料理しか出さなかったケント氏が、ホットケーキなんぞを焼いてくれました!
解雇を考えていたプレイヤーの気配を察したんでしょうか。


88a102c6.jpeg
「やっぱり、ちゃんとお料理してくれたご飯の方が、おいしいわね!」
「あたし、やっぱり魔女なんてやめようかな。この肌、嫌よ」
「また物事を途中で投げ出すつもり?」
「ムカツク~ッ!」

世界広しといえども、善の魔女と悪の魔女が仲良く朝食なんて、ここでしか見られないでしょうね。


54ca3d78.jpeg
白魔法を試してみましょう。

「ケントさんは、キンバリーと仲良くな~る……!」

これ多分、激怒状態のシムを仲直りさせる魔法だと思うんですけど……。
魔法の説明文を見ても、イマイチ効果がよく分かりません。


e26ce326.jpeg
魔法の効果か、ケント氏はキンバリーとハグ。

「私めの有能さは、時間をかけないと分からないものなのです」
「いや、訳分かんないんですけど」


21adf804.jpeg
魔術スキルが上がり、試薬のほかにも色々作れるようになりました。

「イーッヒッヒッヒ!!」
「……やめてよキンバリー」
「だって、悪い魔女ってこんな感じで薬かき混ぜるもんでしょ?」


a1cd46b7.jpeg
そして、とうとう禁断のオブジェクト完成。
座っているだけで、全ての欲求がじわじわ回復していきます。
もはや、食べ物もベッドもシャワーも必要ないのです!!
ちなみに自分の属性と違う椅子に座ると、逆の効果。
普通の魔女は、どちらに座っても回復できます。
普通のシムが座るとどうなのかな?


bc248798.jpeg
二人ともそれぞれの道を究めたので、今度は普通の魔女を目指してみることに。
果たして肌の色は元に戻るのでしょうか。
キンバリーには普通の魔法を学ばせ、サマンサには闇の魔法を学ばせてみました。


1e53e5aa.jpeg
先にキンバリーの肌が元通りになりました!
遅れてサマンサも元通りの肌に。
肌色が変わるのは、属性を半分まで高めた時みたいです。
青い光が残ってますけど、これは一時的な不具合の模様。
区画を入りなおしたら、消えてました。
綺麗好きなシムが時々、掃除が終わっても手に泡をつけたままになる事がありますが、それと同じみたいです。


ff25528b.jpeg
「元に戻れてよかったわね」
「緑が残ったらどうしようかと思ったわよ。
 直らなかったら、本当にダークサイドに落ちた永遠の証みたいじゃない」


962609c5.jpeg
「うふっ。一度ペットを飼ってみたかったのよ」

普通の魔法で、幽霊猫を召還しました!
サマンサのお付きは、真っ白なペルシャ猫のメスです。
オロミーと命名。
食事や睡眠はするけど、排泄はしない模様。
あと幽霊なので、年もとりません。
居心地が悪くなると、消えてしまうみたい。


a4a881c2.jpeg
キンバリーも猫を召還しました。
こちらは真っ黒な黒猫のメス。
召還者と同性になるんでしょうかね。
モロミーと命名。


13d8ada4.jpeg
オロミー(白)とモロミー(黒)。
仲は良いみたいです。
早速遊び始めました。


3bd4265b.jpeg
サマンサのみ、その後も闇の魔法を学び、ついに普通の魔女になりました。
帽子が茶色ですね。
青い光のエフェクトは、まだ消えてませんけど。
属性が変わると、覚えたのに唱えられなくなる魔法も出てきました。
高位の白魔法は、やはりそれに相応しい属性を持たないと、操れないようです。


aedebc43.jpeg
すると彼女の使い猫オロミーの毛並みも、白から茶色に変わってました。
なるほどなるほど。
幽霊猫は、主人の鑑でもあるわけですね。


66328e64.jpeg
「普通の魔法は全部唱えられるけど、白魔法と黒魔法が中途半端にしか使えないわねぇ」
「あたしが黒を極める、あんたが白を極める。二人で完璧な大魔法使いってのはどう?
 うししっ♪」

キンバリー、邪悪な笑みを浮かべてます。
魔法世界も一通り体験したことだし、そろそろ実践に挑戦してみましょうかね。
その前に、呪文に必要な試薬を大量に揃えなきゃ。


前へ / 次へ
PR

2008/09/29 23:26 | Comments(0) | TrackBack(0) | Simple Life 3 ログ

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]