忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/18 10:03 |
ようこそ我が家へ!
21ac61fc.jpeg
翌朝、大きくなった私のお腹を見て、ヨハンがどんな顔をするか試してみることにしました。
どちらにせよ、同じ家に住んでいて、顔を合わせないほうが難しいというものです。


6099a59c.jpeg
しかしヨハンは黙ってうなずいただけで、すぐに本を読み出してしまいました。
私のあては、はずれもしなければ、あたりもしませんでした。
むしろ私は、マルコの反応のほうを恐れていました。


73c68160.jpeg
マルコの反応も、ヨハンと同じものでした。
彼の場合は、おもむろに宿題をやり始めましたが。
私は、どうしていいか分からなくなりました。


91c8e60d.jpeg
途方にくれていると、母が私のお腹に話しかけてくれました。
彼女は、孫の誕生を喜んでくれるのでしょうか。


391b1b06.jpeg
母の反応はうれしかったものの、私が惨めな気持ちでいるとき、とうとう子供を生むときが来てしまいました。


41dcdda5.jpeg
ちょうど居間にいたヨハンが、いつかの時のように、私を応援してくれました。
こんな状況のときは、きっと誰だってそうしますよね。


80494ac5.jpeg
生まれたのは、女の子でした。
私は彼女を、ヴァネッサと名づけました。
父親と同じ瞳の色をしています。


86f8b266.jpeg
ヨハンが、冷蔵庫に隠れてガッツポーズをしてくれました。
とりあえず、無事に生まれたことは喜んでくれたようです。
子供に罪はありませんものね。


63695aa7.jpeg
新しい家族は、まず母によって歓迎されました。
「ヴァネッサちゃ-ん、ばぁばですよ~」


18882398.jpeg
母には、本当に感謝しています。


70883b72.jpeg
そして驚いたことに、ヨハンもこの新しい家族を歓迎してくれたのです。
まるでわが子のように接してくれました。
パスカルや、マルコのとき以上かもしれません。
ヴァネッサは感謝の印に、ヨハンの顔にげろを吐きました。


166fb7e7.jpeg
ずっと胸に引っかかっていたものが、すっと解けるようでした。
マルコもまた、ヴァネッサの誕生を喜んでくれたのです。


5026120e.jpeg
思ってもみない事でした。
私の心に隙間を空けたのもヨハンなら、それを埋めてくれたのも彼でした。


118d73ea.jpeg
こうしてついに私は、ヨハンと母とともにこれからも生きていくことを決心しました。
もうアダムは私には必要ありません。
ヴァネッサのことも、彼には知らせないことにしました。
彼はすでに、幸せな家庭を持っている人なのですから。


7e3fbc9d.jpeg
ヴァネッサは、家族に見守られて、すくすくと育っていくことでしょう。
少なくとも私は、彼女を生んだことはもう後悔していません。
PR

2007/06/30 19:32 | Comments(0) | TrackBack(0) | Simple Life 1 ログ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<若い頃 | HOME | ヴァネッサ>>
忍者ブログ[PR]